青クマが肝心なわけ

目元ケアもしっかりと

青クマのアンチエイジングケア

目の下クマがあると、疲れたように見えますし、年齢を重ねると、老けた印象を与えるため、アンチエイジングケアが必要です。クマ中でも青グマは、目の周辺の血行が悪くなることが原因で起こりますが、体質的に血行不良や冷え症の人に多く見られます。青グマのアンチエイジングケアでは、血行を良くすることが大切ですので、適度に体を動かして、全身の血の巡りをよくしましょう。また、目の周りをマッサージしたり、ツボを押したりするのもおすすめです。そして、ホットタオルを目の上にのせると、血行促進になる他、目の疲れをとることもできます。

クマの代表格青グマを解消

これがあると美人さんでもがっかりなのがクマです。中でも色白さんに多いのが青グマです。いくら色白美人でも目の下にクマがあっては台無しです。そんな肌トラブルはアンチエイジングで解消すべきです。そもそも青グマの原因は血の巡りが悪いことです。そうなると黒ずんだ血ばかりになり、それが肌を透けて青く見えるわけです。解消には血の巡りをよくするに尽きます。目の周りのツボを刺激したり、マッサージすることで一時的に巡りをよくすることはできます。ただ、長期的にアンチエイジングするなら、それだけでは足りません。睡眠不足やストレスなど、巡りを悪くする原因を取り除くことが必要になります。

↑PAGE TOP

Copyright © 目元ケアもしっかりと. All rights reserved.